女性
住宅を建てるにはその方向性を決めること

住宅を建てるにはその方向性を決めること

住宅を建てる際にそれぞれの家庭状況や趣味嗜好によって作…

子供たちの部屋

子供たちの部屋

住宅を建てる際にそれぞれの家庭状況や趣味嗜好によって作…

子供用の家具を購入しました。

子供用の家具を購入しました。

私の住まいには子供用の家具はありませんでしたが、長男が…

賃貸マンションに住み替えました。

賃貸マンションに住み替えました。

私は今から約10年前に分譲マンションに住んでいました。…

賃貸アパートも良し悪し

防音工事をお願いするとき、値段が値段だけに納得のいくもの、こだわりを詰め込めたものを実現したいものですよね。そんなユーザーの意見にも真摯に対応してくれるのが防音工事大阪で人気のサウンドプランニングです。防音工事の体験ショールームも実施していますので興味がお有りの方は一度実際に体験してから検討されると良いでしょう。
私は現在夫と2人で賃貸のアパートに住んでます。5年前に結婚して以来、ずっとアパート暮らしです。賃貸ならではのメリットやデメリットはいくつかあります。
メリットとしては一生、その場に住む必要はなく自由に住む場所を変えられるという点です。私は引越しが好きなので、気分転換の為にこの5年の間に3回引越しをしました。
私自身、経験はありませんが、同じアパートの住人、もしくはご近所さんとトラブルを起こして居づらくなってしまった時、賃貸なら早々に出て行く事が出来ます。しかし、これが持ち家の場合は簡単にいきませんし、一生気まずい状態でご近所さんと付き合う事になるかもしれません。
その他にも、掃除が楽という点です。一軒家のようにいくつも部屋があったり、いくつも窓があったりすると掃除が大変です。ですが、私の住むアパートは2部屋しかありませんし、窓も3枚だけです。面倒くさがりの私にとっては嬉しい点です。
そして、デメリットの部分は賃貸なので当たり前ですが家賃が発生します。決して安くはない家賃、しかもお金を支払ったからって借り物は借り物でしかなく自分のものになるわけではありません。共働きの私たちにとっては食事をしてお風呂に入って寝るだけの生活をこのアパートで送っています。何だか、もったいないなと思うようになってきています。

住まいにおける収納と家具を考える

住まいにおける収納も、時代の急激な変化によって、そのあり方は随分と変わってきていると思います。
持ち家であったとしても、長い目で考えてみれば、いずれはその持ち物を処分する可能性が高くなってきました。
持ち主が高齢化した時、子供も既にシニアになり、親である持ち主の所有物を処分するのに多大な時間と労力を使っている例が多くなりました。
近年は粗大ゴミの処分は難しくなってきました。
業者に引き取ってもらう場合もまとまった金額が必要になります。
処分に必要な十分な資金があれば選択肢は多いですが、 なかなか難しい人も多いことです。
最近の不動産は収納が多くなったのも時代のニーズに応えたもののひとつでしょう。
若いときは必要な家具も、年齢と共に、使わなくなる収納家具も出てきます。
物入れやクローゼットは、ある分だけタンスや収納グッズを不要にしてくれます。
タンスは、その裏側や側面にホコリなどが溜まったり、地震で倒れる可能性もあります。
作り付けの収納は、その心配がありません。
ただし、着物などは桐を用いたような、内容物を劣化させないしっかりしたタンスなどが必要です。
若い時は家具を買うのも処分するのも比較的簡単ですが、 50代過ぎたあたりからはそろそろ、 高齢になった時の家具の行く末を考えてみることも必要でしょう。